News

ローマ教皇 番組についての告知

投稿日2020/1/27

昨年、11月25日に、本校の4・5・6年生がフランシスコ教皇を、お出迎えしました。
その際の映像が、NHK BS1「知られざる絆 ~日本とローマ教皇400年の交流~」という番組で放送されました。
番組を見てから、本校児童が写っていることがわかりました。
この度、この番組が、1月31日 (金)午前0:55~午前1:45(50分間)(30日から31日にかけての夜中)に再放送されます。
NHKのホームページのアドレスを貼っておきます。
https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2020-01-30/11/22570/3115786/

2019年11月25日月曜日。
この日は、私たちにとって忘れられない日となりました。
来日されたフランシスコ教皇を間近でお迎えできたのです。
教皇ヨハネパウロ二世が初来日してから、38年ぶりのローマ教皇来日でした。
東京マリア大聖堂(カテドラル=司教座聖堂)で、本校を含め、カトリック学校4校の児童、約400人が集まり、「青年の集い」のために訪れる教皇様を出迎え、見送りする役を仰せつかりました。
初めに、4校の児童が集まったせっかくの機会なので、ルルド前で「祈りの集い」を行い、スペイン語のアヴェマリアの歌(あめのきさき)を練習し、お迎えの準備をしました。
曇り時々雨の予報でしたが、到着されたときは幸いにも雲が割れ、日が差していました。
何度も、アヴェマリアの歌を歌う中、ついに教皇さまがいらっしゃり、私たちの目の前で、車から降りてこられました。
東星学園 校長 大矢正則 カトリック ミッション 男女 ローマ教皇 番組についての告知
その時の興奮を、ぜひその放送でご確認ください。
夜中の放送なので、録画していただいて、スロー再生、コマ送り再生でゆっくりご覧頂くと、参加されたご家庭ではお子様を確認できるかと思います。
重なってしまって、はっきりお顔がわからないお子さんもいらっしゃいますが、その場の雰囲気は伝わると思います。
その場面は、番組開始後37分あたりから1分間ほどです。
フランシスコ教皇の日本来日の各場面に合わせ、400年も昔からバチカンの公文書館に保管されていた文書などをひもときながら番組が進みます。
ローマ教皇と日本の関わりを知る上でも良い番組なので、視聴いただけると良いと思いお知らせいたします。

 

【東星学園小学校】

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial