小学校

3年生 理科

投稿日2019/5/30

3年生は、理科の授業が始まって一か月たちました。

3年生の理科では、ヒマワリの種をまいて育てたり、
こん虫の体のつくりを調べたり、
電池を使って豆電球にあかりをつけたりします。
生活の中で体験している子は、
わかっていることのおさらい、
なので難しいことは何もありません。

東星学園 校長 大矢正則 カトリック ミッション 男女 3年生 理科(1) 東星学園 校長・大矢正則 清瀬 私立 小学校 3年生 理科(2) 
今日は先日まいたヒマワリの種が発芽した様子を観察しました。
最初に出てきた葉のことを「子葉」ということを確かめました。
「アサガオの子葉も2枚だった」と、みんな思い出しました。
東星学園 大矢正則校長 カトリック ミッション 男女 3年生 理科(3) 東星学園 校長 大矢正則 清瀬 私立 小学校 3年生 理科(4) 
実物を見て、ノートに書きます。
3年生の理科はモンシロチョウでも磁石でも
本物を見て(できれば触って)勉強します。
思ったこと、わかったこと、もっと知りたいこと、
感じたこと等をかいてもらいます。
東星学園 校長・大矢正則 カトリック ミッション 男女 3年生 理科(5)
この後、花壇に植え替えて育てています。
ヒマワリが咲くのが楽しみですね。

【東星学園小学校】