小学校

‘20年度 運動会・体育祭競技①

投稿日2020/12/16

小学生にとって運動会、体育祭は楽しみにしている行事の一つです。
新型コロナウイルス感染症の影響で中止になった「今年限りの競技」を一部変更し、体育の授業で実施しました。
勝敗がつくものだからこそ、また、勝敗がつくものでしか得られない学びの機会です。
同じチームだけでなく相手チームを思いやる気持ちのかけ声や姿、勝敗がはっきりしていても最後まで諦めずにゴールするなど、子どもたちの成長が見られる場面が数多くありました。
ブログで少しずつ紹介したいと思います。

<1年生>
~手作り玉入れ~
コーンを回る時、体の前につけている新聞紙(半分)を落とさないように体を斜めにしたり、
飛行機のように手を広げて走ったり、カゴの前でボール状にし、シュート。
カトリック ミッション 男女 東星学園 大矢正則校長 運動会・体育祭競技(1)
「競争だけど、楽しんでするんだよ」と心温まる声掛けをしているチームも!!

~それいけアマビエ!~
運動会では「鯉の滝登り」、今回は「それいけアマビエ!」に変えて実施。
アマビエのウロコは一人一人の手形をおし、コロナに負けないメッセージ付き。
清瀬 私立 小学校 東星学園 大矢正則校長 運動会・体育祭競技(2) カトリック ミッション 男女 東星学園 大矢正則校長 運動会・体育祭競技(3)

<2年生>
~ダンシング玉入れ~
練習では恥ずかしがっていた児童達も、グラウンドではチェッコリの曲に合わせてノリノリ。
120点満点のダンシングでした。
清瀬 私立 小学校 東星学園 大矢正則校長 運動会・体育祭競技(4)
みんなで声を合わせて「1~、2~3~・・・」(ジャンケンで勝った児童達)
例年は上級生のする係。数え方が様になっています。

~バランスボールでおっとっと♪~
乗せる部分が優しかった!?かな。
自ら楽しんで落とすペアを何組か発見。
カトリック ミッション 男女 東星学園 大矢正則校長 運動会・体育祭競技(5)

<3年生>
~とんでくぐって~
往路は飛ぶタイミングを友だちに合わせてスピードの強弱をつけたり、
復路は「座るよ~」といって、チームで協力をして楽しんでいました。
清瀬 私立 小学校 東星学園 大矢正則校長 運動会・体育祭競技(6)

~出た目でサイコロ勝負~
毎回勝敗が異なる競技。出た目の数の分だけ走ってコーンを回ってくる競技。
練習では6を出していた児童が1を出すなど歓喜の声が!!
カトリック ミッション 男女 東星学園 大矢正則校長 運動会・体育祭競技(7)

【東星学園小学校】

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial