小学校

防災避難訓練

投稿日2020/11/7

『これは、訓練です』
放送が入ると、教室から聞こえていた声が、すっと小さくなりました。
『緊急地震速報です』
さらにあの独特の報知音が鳴ると、校舎内にはピリッとした空気が張りつめました。

9月1日の防災の日にちなみ、例年9月頭に行っていた防災避難訓練。
雨のため延期となり、10月29日(木)に行われました。

地震に引き続き、火災が起きた設定で、校舎から外へと避難します。
授業を行っていた先生や、担任の先生の指示に従って、すばやく林の方へ集合です。
カトリック ミッション 男女 東星学園 校長 大矢正則 防災避難訓練①
清瀬 私立 小学校 東星学園 校長 大矢正則 防災避難訓練②
小学生全員が無事に避難を完了したのは開始から4分56秒後。
例年になく早い集合でした。
カトリック ミッション 男女 東星学園 校長 大矢正則 防災避難訓練③
今年は新型コロナウイルスの感染対策の為、出来るだけ間隔をあけつつ、危険のないように集合しなければなりません。
毎週の校庭朝礼と同じように並び、落ち着いた行動を取ることが出来ました。
清瀬 私立 小学校 東星学園 校長 大矢正則 防災避難訓練④
最後に大矢先生からお話をいただきました。
「天災は、人の手では防ぐことが出来ません。
出来ないからこそ、今日のような訓練がとても大切です。
学校では今日のように先生方の指示を聞いて、外で起きた時は、指示がある場所ではその指示をよく聞いて、指示がないところでは自分で考えて、身を守って下さい。
どうしたら身を守れるのか、学校の帰り道でも、家でも、考えて下さい。」
カトリック ミッション 男女 東星学園 校長 大矢正則 防災避難訓練⑤
防災は日々の積み重ねです。
今日の訓練を思い出しながら、“もしも”に備えていきましょう。

【東星学園小学校】

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial