幼稚園

(園長のひとり言) ありんこさんとダンゴムシさん

投稿日2021/7/19

「先生来て、すごいよ!!」

A君とN君が、私の所に真剣な顔をして飛んできました。

「どうした どうした?」

「こっちこっち!!」

二人は園庭のキウイの木の所まで行きました。プラスチックの踏み板がみんな裏返しになっていて、その下の土が覗いています。

「ダンゴムシ!!」A君が大声で叫びました。A君の、あんな大きな声を聞いたのは初めてでした。目を輝かせて教えてくれました。沢山のダンゴムシを発見!!

N君は、「アリさんもいっぱいだよ!!」これも大声でした。

「ありんこさんもダンゴムシさんも元気だね。ありんこさんをよく見てごらん。荷物を運んでお仕事をしているね。」

 二人ともしゃがんで、じっと見つめたきりで返事がありません。

「美味しそうなご馳走を自分のお家(巣)まで『ヨイショ、ヨイショ。』って運んでいるんだね。働き者だね。」

 そうしたら二人は、

「ヨイショ、ヨイショ」と、沢山の蟻の動きに合わせるように、掛け声をかけ始めました。

 興味のある事象をじっくりと観察したり、触ってみたり、試してみたりするのは大切な事です。その経験の中で「もっと知りたい」の気持ちが生まれるのでしょう。

その後も暫く三人でしゃがんで観察していました。

 子ども達は園庭の虫探しに夢中です。

さあ夏休みです。1学期、元気に過ごせたことを神様、お家の方に「ありがとう。」をしましょう。そして、暑さに負けず元気に楽しく生活してくださいね。お手伝いも忘れずに。

二学期、元気に会いましょう!!

(清瀬市 東星学園幼稚園)

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial