幼稚園

集団遊び

投稿日2021/1/18

「だるまさんが ころんだ!」楽しそうに響く子ども達の声。
園庭に目をやると、向こうの方でニヤニヤしながら動かない子ども達と、手前でうっすら涙を浮かべて同じく微動だにしない年少の男の子と、満3才児の女の子。

3学期は、自由あそびの時間に「みんなでゲームをする時間」を取り入れています。
・遊びを通して、友達と関わる楽しさや面白さを知って欲しい!
・思い切り体を動かす楽しさを味わって欲しい!
・友達に合わせたり、自分の考えを伝えたりしながら、コミュニケーションに必要な技術を経験して欲しい!
……など大人の思惑は色々あります。
が…まずは「やりたい!」という気持ちになって欲しいのです。
でも、負けたらいやだ、やったことないからドキドキする…様々な理由で集団に入ることが難しい子もいます。
まずは、気持ちを十分に受け止めて「じゃ、どんなゲームかみてみよう!」そう声を掛けました。
互いに泣いていたのに、気付けば手をつないでいる!
2人は集団とは違うコミュニケーションを取っているのでしょうね!
(東星学園幼稚園)

 

 

 

 

 

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial