幼稚園

待降節に入りました

投稿日2019/12/9

今週、いよいよ待降節に入り、幼稚園ではロウソク点火の集会を行いました。

教会では待降節に入ると、日曜日ごとに1本ずつロウソクに火を灯し、ロウソクの明かりが増えることでクリスマスが近づくことを感じます。

幼稚園ではこれに倣ってクリスマス会までに4回のロウソク点火の集会を行います。

1本目12月3日、2本目6日、3本目11日、4本目16日、そしてクリスマス会当日を迎えます。

聖劇発表の準備に精を出す毎日ですが、心静かにクリスマスの訪れを待つ時間も大切にしています。

 

そして、今日は聖二コラオのお祝い会を行いました。

聖二コラオとは司教となった方で、後にサンタクロースといわれるようになりました。

子ども達の人気者、サンタクロースさん。幼稚園では今日、お祝い会という名のパーティーを開きました。

事前にサンタクロースさん宛に、頑張ることと欲しいものを手紙に書き、窓に貼っていました。

今日届いたプレゼントは…おやつ、コマ、けん玉!お目当ての物じゃなくても、それはそれは大喜び!

今日一日、おやつにケーキを作ったり、皆でゲームをしたり、頑張ることを発表したり、楽しいことだらけでした。

帰りには、「ねぇ、まだまだつづく…ってことにしたら?」なんて言い出す子もいた程!

友達と過ごす楽しい時間もプレゼントしてくださったんだなぁ~サンタクロースさんは!と思いました。

子どもの笑顔、とても素敵な一日でした。

  

  

(東星学園幼稚園)