小学校

国語科の取り組み

投稿日2020/10/26

毎週水曜日、全校で「朝の読書」を行っています。
(「朝読」と呼んでいます。)
始業のチャイムが鳴る前に、各自、読む本を用意しておきます。
朝の黙想・挨拶・お祈りの後、朝読をスタートします。

朝読の後の授業は、いちだんと集中して取り組む様子が見られます。
カトリック ミッション 男女 東星学園 校長 大矢正則 国語科の取り組み(1)
3年生の国語では、ローマ字を覚え、パソコンでローマ字入力をする練習をしています。
子ども達は、覚えるのが早いです。
清瀬 私立 小学校 東星学園 校長 大矢正則 国語科の取り組み(2)
iPadを使って、「読むとくアプリ」で読書を行っています。
語彙力を増やすことを目的としています。
カトリック ミッション 男女 東星学園 校長 大矢正則 国語科の取り組み(3)
1年生の時から、様々な題材を音読しています。
ことわざ・慣用句・四字熟語なども、音読しながら覚える子が多いです。
10月18日(日)は、希望者が学校で漢字検定を受けました。
自学自習をして、当日の試験をむかえた児童が多かったです。

【東星学園小学校】

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial