小学校

4年生 高尾山遠足(2019年6月13日(木))

投稿日2019/6/20

4年生は高尾山に遠足に行きました。
週始めの予報ではあやしい天気だったので心配していましたが、
児童達の気持ちが届き、晴天に恵まれました。

朝から落ち着かない様子の児童達。
「いつもより早く起きた~♪」
「昨日は早く寝た~」

高尾山口駅に近づく電車の中では、
「あれが高尾山?」
「いや、あっち?」
といいながら高尾山当てクイズが始まり、
近くの山々を見て
「ひく~い」
「すぐ登れるよ」
と、早く登りたい気持ちを抑えきれない児童達。

いよいよ高尾山登山のスタート。
往路は小川に沿って歩く、
暑い日でも涼しさを感じられる6号路(琵琶滝ルート)です。
琵琶滝ルート入り口近くにある石仏や岩屋大師の前をとおり、
途中、水場道場に立ち寄り「びわ滝」を見ました。
東星学園 校長・大矢正則 カトリック ミッション 男女 4年生 高尾山遠足(2019年6月13日(木))(1)
さあ、これから登るぞ!気合の入ったポーズ!!

登山途中にある看板のには、生物の情報が載っています。
児童達は看板を見ながら、
「昆虫見つけたかったな。」
「水は冷たいのかなあ。湧水触ってきていい?」
「自然の中を歩くの楽しい♪」
と自然を肌で感じている様子。
中には、ず~っと歌を歌いながら登っている児童達もいました。
東星学園 大矢正則校長 清瀬 私立 小学校 4年生 高尾山遠足(2019年6月13日(木))(2)
大山橋を渡った後、沢の中におかれている飛び石の上を
歩き登って行くよというのを聞いて、
「うわ~っ!楽しそう」
東星学園 校長 大矢正則 カトリック ミッション 男女 4年生 高尾山遠足(2019年6月13日(木))(3)
この時は、山頂手前にある最後の難関…
延々と続く「階段」が待っているとは知らずに登る児童達。
東星学園 校長・大矢正則 清瀬 私立 小学校 4年生 高尾山遠足(2019年6月13日(木))(4)
山頂手前の階段
「何段目まできたかな~?」
階段を上り終えたら山頂という言葉に励まされ、
ギアを一段階あげて山頂を目指しました。
東星学園 大矢正則校長 清瀬 私立 小学校 4年生 高尾山遠足(2019年6月13日(木))(5)
みんな笑顔♪

途中急激な階段や慣れない山道を踏みしめて
辿り着いた山頂での昼食は、格別に美味しく、
心に刻まれた味となったことと思います。
東星学園 校長・大矢正則 清瀬 私立 小学校 4年生 高尾山遠足(2019年6月13日(木))(6)
「美味しい~」(早くおやつもたべた~い)

みんなで登った達成感が表情に溢れていました。

東星学園 大矢正則校長 カトリック ミッション 男女 4年生 高尾山遠足(2019年6月13日(木))(7)
昼食、おやつタイムでお腹を満たした後は、
薬王院や吊り橋がある4号路で下山。
ケーブルカーに初めて乗る児童も多く、
ジェットコースターとは違う感覚に
驚いている様子でした。
降りた後は、
「行きはあんなに頑張って登ったのに、
あっという間で味気ないなあ」
という声も聞こえました。

お家の方には自然に触れ感じたこと、
日常生活では感じられなかったことをいっぱいお話したかな?
自然を満喫した一日でした。
東星学園 校長・大矢正則 清瀬 私立 小学校 4年生 高尾山遠足(2019年6月13日(木))(8)

朝早くからお弁当の用意をしてくださった保護者の方、
ていねいに誘導して下さった駅員の皆様、
ありがとうございました。

 

【東星学園小学校】