中学校・高等学校

体育祭 心あわせて

投稿日2019/10/15

台風の影響で順延になった小学校・中高部合同の体育祭が10月14日(月)に行われました。
小雨が降ったり止んだりする天候のため、大幅にプログラムを変更し、演技発表を中心に午前中に実施しました。
中高部の競技と演技発表の様子をご紹介します。

・ 開会式
 小学生と一緒に開祭の言葉です。生徒たちはテントのある応援席で待機となりました。

・集団行動 (中高生男子)
開会式後の最初に行いました。
生徒代表の号令による集団行動と途中に音楽に合わせたリズミカルな体操を発表しました。
動きをそろえる難しさに挑戦し、観客のみなさんからあたたかい拍手をいただきました。
寒空を吹き飛ばせたでしょうか。

Life is full of hard thing for women~女はつらいよ~(中高生女子)
中学1年生から高校3年生までの女子が一緒に発表を行いました。
今年は旗を使って、可愛らしい動きやエネルギッシュで力強い動きを混合させた演技に挑戦しました。
ソーラン節と旗のコラボレーションや旗の使い方、旗の色の見せ方など高校3年生を筆頭に生徒達による最高のパフォーマンスを披露することができました。

・100m徒競走(中高生男子・小学生男子有志)
 東星一の俊足は誰だ?
それぞれが持っている力を存分に発揮し、最後まで走り抜ける姿にたくさんの声援があがりました。

・Oh!縄跳び
8の字跳び×2回、一斉とび×1回(各1分)の合計で競い合いました。
中高生は練習段階で、飛び方や回し方の工夫を試行錯誤し本番に挑みました。
1位は高校3年生の247回。2位は教員チームの188回。3位は小学生の182回でした。今年は教員チームや小学生が上位に入り、中高生は悔しい結果となりましたが、どの学年もみんなが心をあわせて跳んでいる姿がとても素敵でした。

・OH!すし(コラボダンス 幼稚園&高校生・小1&小6 )
今年も幼稚園児と高校生、小学1年生6年生が会場を盛り上げてくれました。
元気いっぱいの幼稚園児と楽しそうに踊る高校生。小学1年生をリードする頼もしい6年生。
雨の中でしたが、一人ひとりの笑顔が輝いていました。

天候不順でしたが、やるとなったら生徒たちも気持ちを切り替え演技発表、競技に取り組んでいました。普段の半分の時間でしたが精一杯、準備から片付けまで取り組んだ生徒に拍手を送ります。

(体育科)