学校法人 東星学園

【相談室より5】ワンチーム東星

投稿日2020/4/29

 週に一回相談室に出勤する時はいつも雨で、静かな校内が余計に寂しく感じます。ひどい雨でない時には校務員さんが校庭や林でもう働いています。幼稚園の畑と庭はいつもきれいです。校舎に入ると中央事務所の方たちがテキパキと一日の準備をしています。部屋の半分の灯りがついている職員室では教頭先生がすでに仕事を始めています。在宅の先生たちの仕事全部を管理するのは大変だろうなと思います。出勤を認められた先生がいらっしゃる時は、その日の段取りに余念がない様子。校長室ものぞいて挨拶します。学校をめぐる急展開はしばらく続くと思われますので、学園の全ての人の命を守るために、校長先生の頭の中は先々の細かいところまで見据えて、きっと休まる時がないんだろうなと思います。お掃除担当の校務員さんは、いつもは生徒の皆さんが担当している場所も今は掃除されています。給食室も遠目にひっそりしていますが、どんな学校再開の形(一部の学年のみの登校など)になっても大丈夫なように、食材の調達の工夫を考えていると聞きます。校内はこんな様子です。2ヶ月前まであふれていた皆さんの元気な声が思い出されます。

 在宅の先生方は皆さんのために、オンラインでの授業や課題の準備・実施のために密に連携していらっしゃることが、先生同士のオンラインの連絡アプリにスクールカウンセラーも入れてもらっていますので、それを見てわかります。対面での指導が当たり前である技能4科のオンラインの課題は、工夫が大変だろうなと想像しています。その校内のオンラインの仕組みのためにICT(インフォメーション アンド コミュニケーション テクノロジー)担当の先生方がたくさんのアイデアと情報を提供してくれています。相談室の隣は保健室です。今回のCOVID-19対策の中で養護の先生方の働きは大変なものでした。私たちの命を守るために、国からの健康面の情報をまとめることに始まり、学園の対策会議のメンバーになりながら、学校保健的な立場から提案を行ったり、他校の対応の情報収集を行ったりしました。今も皆さんの健康管理票のチェックをされています。命を守る意味では、学園に関わる神父様やシスターをはじめ多くの方の祈りも私たちを支えてくれています。そして、園児・児童・生徒・保護者の皆さんも、自宅で様々な工夫をしながら生活されていると思います。たくさんの制限=我慢がありますが、学校が「ワンチーム東星」になっていることを感じます。

 COVID-19の脅威が少しでも早く収束しますように。皆様、どうぞご自愛ください。

 

●COVID–19に関する心理的な対応のご相談は・・・

 メールで cou@tosei.ed.jp まで、お願いします。

 電話(042 493 3969)による相談はこれまで 月曜日(9-14時)に行っていましたが、連休明けの受付は未定です。学校再開の目処が立ってから、お知らせします。

【東星学園相談室】

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial