News

4年生 社会科見学 軍道和紙 紙すき体験

投稿日2021/3/12

 3月3日(水)、4年生は社会科見学として、「あきる野 ふるさと工房」を訪れました。

ここは、伝統的な日本和紙である「軍道和紙」の創作工房です。

 初めに、軍道和紙の歴史、和紙つくりのための材料、工程などの説明を受けました。

東星学園 校長 大矢正則 4年 社会科見学(1) 東星学園 校長 大矢正則 4年 社会科見学(2)

 

次に、以下の4つの体験をしました。

1)ちりより:原料のコウゾをほぐし、その中のごみを丁寧にとっていきます。

東星学園 校長 大矢正則 4年 社会科見学(5)

2)コウゾたたき:コウゾを木槌でたたき、繊維をほぐします。

東星学園 校長 大矢正則 4年 社会科見学(6)

3)トロロアオイを触る:ネリとよばれるトロロアオイの根をさわって、粘液の粘り具合を体験します。このネリが繊維をつなぎ合わせます。

東星学園 校長 大矢正則 4年 社会科見学(7)

4)紙すき:実際に紙すきを体験します。

東星学園 校長 大矢正則 4年 社会科見学(4)

出来上がった和紙は、乾かしてくださってから、郵送してくださいます。完成が楽しみです。

このように、伝統工芸を体験することができました。

                                                                               [東星学園小学校 校長 大矢正則]

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial