とうせいキッズ
(プログラム紹介)

「ぐんぐんクラブ」自立学習と個別指導 月~金(16:20~17:50)

週3〜5回(選択制)
元本校小学校教諭による放課後学習クラブ
対象:4~6年  定員:10名

 

「きらきらクラブ」通年プログラム

  講座名 対象 定員 時間 場所 利用料
(年額)
講師
キッズアロハ 1~3年 15 16:00~16:50 中高講堂 30,000円 ダンス教室主宰
岡村公美先生
キッズそろばん 2~3年 15 15:30~16:20 マリア館 30,000円 そろばん日商1級
齋藤恵子先生
学習トレーニング 2年 6 15:30~16:20 ベルナデッタ館 40,000円 本校非常勤職員
学校心理士
児玉裕巳先生
楽しい習字教室 2~3年 20 16:00~16:50 マリア館 30,000円 元公立小学校校長
大平惠子先生
キッズ英語 1~3年 20 16:00~16:50 マリア館 30,000円 本校特別非常勤講師
ニコラス・
ジョルダーノ先生
学習トレーニング 3年 6 16:00~16:50 ベルナデッタ館 40,000円 本校非常勤職員
学校心理士
児玉裕巳先生
ネーチャー探検隊
(5月〜9月)
1~3年 15 16:00~16:50 校内各所 15,000円
(半期)
シェアリング
ネーチャー指導員
尾崎文先生
リトミック
(10月〜3月)
1~3年 15 16:00~16:50 幼稚園ホール 15,000円
(半期)
音楽教育家
大竹仁美先生

隔週
学習トレーニング 1年
4年以上
個別
指導
50分
時程相談
ベルナデッタ館 40,000円 本校非常勤職員
学校心理士
児玉裕巳先生

すくすくクラブ併用の方の料金は半額となります。

※ ネーチャー探検隊は5月、6月、7月、9月の4ヶ月開講します。
  リトミックは10月、11月、12月、1月、2月の5ヶ月開講します。

 

講座内容

キッズアロハ (フラダンス)

「キッズアロハ」では楽しいハワイアンソングを聞きながら体を動かし、心と体をバランスよく整えます。
基礎となるステップでは、現代の子どもたちに不足しがちな筋力・体幹を鍛えます。同時に手話のような手のモーションで感情や情景を表現するため、手と足と頭を同時に動かすことで脳トレにもなります。また、グループダンスにより、友達を思いやる心と協調性も身につきます。男女を問いません。
講師の主宰する教室では、ハワイのALOHAの精神(A=思いやり、L=協調、O=喜び、H=謙虚、A=忍耐)に基づき、とにかく楽しくレッスンを進めていくのが モットーです。
目標を持つことも大事と考えますので、課題曲の習得を目指し、保護者の方々や地域の方々に成果を見ていただける発表の場を予定しています。
(講師:Halau Na Ohia Lehua 岡村 公美 先生、ポリネシアンダンス歴22年)

キッズそろばん

そろばんは頭を鍛えるスポーツと言われています。小学校の低学年は記憶力を高め集中力をつけるのに最適です。この時期のそろばん学習で子どもたちの可能性を飛躍的に伸ばすことができます。「キッズそろばん」では、そろばんの使い方、指の動かし方の基本から始めて、足し算・引き算を重点的に行い、かけ算・わり算へと進みます。基礎ができるようなったら、次第にレベルを上げて、上級クラスへチャレンジしていきます。希望に応じて検定試験などの受験にも対応します。
(講師:齋藤恵子先生・そろばん日商1級、そろばん指導歴6年)

楽しい習字教室

「楽しい習字教室」では、筆を使って文字を書くことの楽しさを知ってほしいと思っています。学年で学習した平仮名・片仮名や漢字を中心に、一文字から二文字と、段階的に無理なく進めていきます。1回目は練習し、次の週は清書するという方法で進めると、上達が目に見えて表れます。とめ・はらい・はね・まがりなど、整った字を書く習慣が自然に身に付くとよいと願っています。また、習字道具の使い方を知り、特に小筆・太筆を大切に使って片付けることが大事です。書初めや俳句作りなどを通して季節を表す言葉も感じ取ってほしいと思います。美しい字が書けて、「ほめほめタイム」でみんなから賞賛されると、上達していることを自分で実感し、心地よい満足感に浸ることができます。一緒に楽しく習字教室を進めていきます。どうぞよろしくお願いいたします。(講師:大平惠子先生・元公立小学校長)

キッズ英語

キッズ英語では、「楽しく遊びながら学ぶ」というスタンスで、子どもたちに英語に親しんでもらおうと考えています。具体的には、やさしい英語でかかれた絵本を読み聞かせる、英語の歌をみんなで歌う、英語文化に関連する仮面やコスチュームなどを工作する、ICTを使ってアクティブに学ぶ(一人ひとりの端末ではありません)、さまざまな場面のロールプレイをするなどを考えています。また、みんなで英語劇を作り上げ、保護者の皆様に鑑賞していただく機会も設けたいと考えています。
(講師:ニコラス・ジョルダーノ先生・東星学園特別非常勤講師)

とうせいネーチャー探検隊復活! 開講は5月、6月、7月、9月の4ヶ月。

自然体験プログラム・ネイチャーゲーム®で、五感をとぎすませ、体を思いっきり動かして、東星学園内の自然や森を探検します。東星の森にどんな生き物がいるんだろう? 森からみた景色はどんな風に見えるんだろう?生き物や植物が好きな子も、苦手な子も、楽しみながら自然の不思議を自分の力で、解き明かしてみよう!!講座の終わるころには自然・生き物博士になっているかもしれないぞ!
※ネイチャーゲーム®とは、アメリカでできた環境教育プログラムです。いろいろなゲームを通して、自然の不思議や仕組みを学び、自然と自分が一体であることに気づくことを目的としています。自然に関する特別な知識がなくても、豊かな自然が持つさまざまな表情を楽しむことができます。
(講師:尾崎文先生 公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会所属 埼玉県シェアリングネイチャー協会理事・事務局長)

リトミック 開講は10月、11月、12月、1月、2月の5ヶ月。

リトミックは、リズムという素材を生かし、音楽に反応し動くことにより「感じる心」「集中力」「創造力」を養います。心で感じたものを体で自分なりに表現(自己表現)する。それが心と身体の調和を作り出します。リトミックの効果は目に見えるものではありません。しかし、リトミックによって心身の協応や精神的集中力・反応反射の力がバランスよく育まれ、社会性の基礎となる言語に対する感受性も鋭くなります。またリズムを素材とするリトミックは生活の中で触れる音楽に対する感受性を深く豊かにしてくれます。それが子どもたちの将来のより豊かな人生につながるのではないかと考えています。
(講師:大竹仁美先生・音楽教育家 リトミック指導歴7年)

学習トレーニング

学習トレーニングは「自分にあった勉強のやり方」を見つけることを目的の一つとしています。具体的には毎回次のようなことを行っています。①「頭のじゅんび体そう」として、身体を左右バランスよく動かすことで脳を活性化するブレインジムや、うまく「視る」ために集中して目を動かすビジョントレーニングなど。②「今日のテーマ学習」として、パズル(知覚推理)、ききとり(言語理解と短期記憶)、カルタ(知識と判断力)、認知トレーニングなど。③「こべつ学習」として、ちょっと前の単元にもどったプリント学習や、自分の苦手なもの(計算技能、運筆、漢字の覚え方など)の練習など、です。これらのトレーニングを通して、「これならやりやすい!」「できそう!」と感じ、また、学習することの楽しさを知ってもらえれば、と願っています。(講師:児玉裕巳先生・本校非常勤職員 学校心理士)

 

このページのTOPへ