校外学習

学習指導

校外学習

中学校では各地の歴史や文化、自然環境について学び、
高等学校では環境問題を考えるをテーマに校外学習を行います。
(※写真をクリックすると、学習内容が表示されます。)

中1 さきたま古墳群 今から1500年ほど昔につくられた埼玉県行田市にある「さきたま古墳群」とその出土品を展示してある「県立さきたま資料館」を見学します。遠い昔の東国の歴史と文化に触れるというテーマで、グループ活動の作品を完成させ、個人の観察記をまとめます。
中2 川越 城下町として栄えた川越の歴史、伝統、文化を学び、また現在の地方都市としての川越の姿を、班活動を通して学びます。
中3 御嶽山 御嶽山と奥御嶽渓谷を歩きます。私たちのLocation―生活している場所―のベースである自然を体験的に知ることを目的にしています。森林の成り立ち、森や渓流の生き物を観察し、自然保護のあり方についても考えて生きます。
高1 東京湾岸 東京湾岸地域を訪ねます。第五福竜丸展示館や清掃工場・中央防波堤外側埋立地などの見学を通して「核」や都市廃棄物処理に関わる様々な問題に対する考察を深め、東京湾岸の埋め立地の利用状況についても考察します。
高2 渡良瀬遊水地 十数年にわたって「足尾鉱毒事件と田中正造」について学んでいます。鉱毒被害地や正造生家・渡良瀬遊水地などをたずね、足尾鉱毒事件の今日的な課題について考察を深めます。現地の研究者の方に案内を毎回していただいています。
高3 足尾 2年次に学んだことを生かしてテーマを引続き「足尾鉱毒事件」として栃木県の足尾町まで行きます。銅山や精錬所、煙害ではげ山になった足尾の山々の実態を直視します。実際に足尾の岩だらけの山での「植樹」活動も続けています。途中の「星野富弘美術館の見学もしています。

このページのTOPへ