NEWS & TOPICS

高学年朗読大会

2018/02/21(水) 09:00

1月の低学年の朗読大会に続き、
2月14日には高学年の朗読大会が行われました。

高学年になると、登場人物の心情の変化を考えながら、
お話の良さが伝わるように朗読することができます。
間の取り方を工夫したり、声のトーンに変化をつけてみたりと、
低学年のかわいらしさとはまた違う朗読です。

4年生
『しらないどうし』 あまん きみこ
句読点まで正確に、ゆっくりと読んでくれました。
会話文が続く部分では声色を変え、
誰が話しているのかわかるような朗読でした。
東星学園 校長 大矢正則 カトリック ミッション 男女 高学年朗読大会 (1) 東星学園 校長・大矢正則 清瀬 私立 小学校 高学年朗読大会 (2) 

5年生
『どろんこ祭り』 今江 祥智
高知弁が難しかったようですが、
聞きやすい声の調子で変化をつけながら読むことができました。
東星学園 大矢正則校長 カトリック ミッション 男女 高学年朗読大会 (3) 東星学園 校長 大矢正則 清瀬 私立 小学校 高学年朗読大会 (4) 

6年生
『野のピアノ』 竹下 文子
同じ言葉が繰り返される部分ではそれぞれ読み方を変え、
会話文だけでなく地の文にも変化をつけ、
情景が浮かんでくる朗読でした。
東星学園 校長・大矢正則 カトリック ミッション 男女 高学年朗読大会(5) 東星学園 大矢正則校長 清瀬 私立 小学校 高学年朗読大会(6) 

児童の投票で選ばれる「カナリア賞」
職員の投票で選ばれる「ひばり賞」
朗読大会委員の職員が決める「うぐいす賞」
それぞれ、すばらしい読みを聞かせてくれた
6年生が選ばれました。

カナリア賞」↓


ひばり賞」↓

うぐいす賞」↓

 

【東星学園小学校】

このページのTOPへ