NEWS & TOPICS

聖書朝礼委員会夏期研修2017

2017/08/09(水) 16:38

8月8日に中高の聖書朝礼委員会と希望者で夏期研修を実施しました。

 

今年のテーマは「共に寄りそう」

 

行き先は東京都台東区の山谷地区、通称『ドヤ街』と呼ばれている場所でした。

 

今回最初に訪れたのは、特定非営利活動法人『きぼうのいえ』

 

実際に施設にお邪魔し、見学させていただきました。

 

ここは、ホームレスの方々が利用するホスピスです。

 

利用者の方や施設で働いている方々は、とてもきさくに迎え入れてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

生徒達は最初おそるおそるといった様子でしたが、熱心に見聞きしていました。

 

次に訪れたのは『ほしのいえ』、毎週火曜日に炊き出しをしている団体です。

 

お昼ごはんは「ほしのいえ」の方々が作ってくださったカレーライスをいただきました。

 

 

そしてここで、シスター中村からたくさんの重要なお話を聞きました。

 

 

生徒達は真剣に聞き入っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、学校で集めた献金やご家庭からの提供品をここでお渡ししました。

 

ホームレスの方々の支援のために使いますと、とても喜んでくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

その後、おにぎり作りのお手伝いをしました。

 

参加人数が多く、部屋に入りきらないということで、前半と後半のチームに分かれての作業でした。

 

おにぎり作りの際は、お米の蒸気で部屋の中は蒸し風呂のようでしたが、

 

一生懸命心を込めて、おにぎりを作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

おにぎり作りをしない時間には、山谷地域を見学し、お話を聞きました。

 

案内してくださったのは『浄閑寺』

 

 

-かつて近くに吉原遊里があり、

 

 

使い捨てられた吉原遊女が投げ込まれたことから「投げ込み寺」とも呼ばれています。

 

 

江戸時代から明治にかけて存在した刑場であった『小塚原刑場』にも案内して頂きました。

 

また『リサイクルショップ あうん』も見学する事が出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

ホームレスの方々の働く場としてスタートしたお店です。

 

生徒達にとっては、初めて知った衝撃的なことが多い研修となりましたが、

 

 

それぞれが今回の研修で学んだ事を通して、考えを深めて言ってほしいと思います。

 

 

今回の研修の内容は、来年のヨゼフ祭展示で発表を予定しています。

 

 

最後に、今回学校で集めた献金は「11,654円」でした。

 

 

ご協力ありがとうございました。

このページのTOPへ